2009年11月15日

ルナ・オアシス 

2009年04月、米アリゾナ(Arizona)州のパラゴン・スペース・ディベロップメント
(Paragon Space Development Corp.)が公開した
宇宙で花を育てる容器「ルナ・オアシス(Lunar Oasis)」

lunamoon











高さ約45センチ、ベルジャー型の密封容器で作られた小型の温室で
月面の植物実験室でも安定して置け、成長過程を保護できるよう
アルミフレームの台がついたデザイン。

小型温室にはアブラナの種子。
アブラナは、芽キャベツやキャベツなどの仲間で、耐寒性があり
食用油や家畜の飼料に用いられる植物。
たった14日で種子から花に成長するため、月面の夜一晩で
ライフサイクルを終えることが可能だという。

ルナ・オアシスを宇宙へ打ち上げるのは、オデッセイムーン(Odyssey Moon)社。
オデッセイムーンは、査機を打ち上げて月に着陸させ
さらに月面を走行させることのできる参加企業に対し
2000万ドル(約20億円)を提供するというコンテスト
「グーグル・ルナー・エックス・プライズ(Google Lunar X Prize)」に参加している。

「ルナ・オアシス」の今後の実験はオデッセイ社の打ち上げスケジュール次第で
早くても2012年になるという。

 月面に花を、米企業の「月のオアシス化計画」
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2592193/4026982


gmoon








米航空宇宙局(NASA)は11月13日
月面に水の氷を発見していたことを明らかにしたしたけれど
いつか本当に月面基地の建設が現実のものとなるのでしょうか
月に人が住む・・・空想するのは楽しいけれど
人間がどんどん入って月をあらぬ方向へ変えてしまわないかな
なんて考えると、ちょっと複雑な気もする…。



 
Posted by sara1116 at 00:05│Comments(0)TrackBack(0)clip!月の扉


About Moon

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sara1116/51356551