2010年11月04日

月のリズムとペースバランス 

balans

 

 

 

 

 

 

◆頑張る時、力を抜く時

夢を実現するため、自分を磨くため
充実した人生を送るために頑張っている人がいます。
ステップアップをするためには努力が必要ですし、努力は必ず実ります。
こうなりたい自分、こういう生き方…とイメージを描き続ければ
そこに向けて着実に進んでいけるのです。

満月や新月はそのためのチャンスの日。
やりたいことにチャレンジしたり、新しいことにトライしてみるのにうってつけです。
そして、月の前半は努力に最適な時期。
エルネギーも上向き、前向きで、頑張るパワーと同調します。
勢いがついて計画以上に物事が進むかもしれません。

けれど問題がひとつ。現代は頑張りすぎている人が多いのです。
頑張ることはそれだけでもストレス。
長い間続けていればエネルギーレベルが低下してゆきます。
「頑張ろうと思う気持ちだけはあるのに頑張れない」
気持ちは焦り、イライラし「自分ってだめな人間かも」…と落ち込むことも。
こんな悪循環にはまってしまうとなかなか抜け出せません。

頑張ることも大事ですが、力を抜くことも大事。
それがリズムであり、陰陽のバランスをとることなのです。

たとえば、一日においても、昼間は陽で夜は陰です。
夜寝なかったらどうなるでしょう。次の日は使いものになりません。
これは月の周期でも同じこと。
陽の期間である前半を頑張ったら、陰の期間である後半は力を抜いた方が良いのです。

力を抜きリラックスすると疲れが癒されます。
疲労が回復するとエネルギーが戻ってきます。するとまた頑張れるのです。

nightsun


満月を過ぎたら肩の力を抜いてペースを落としはじめましょう。
目標を無理をしない程度に落とし、次はゆとりのある程度にまで下げていきます。
第4四半期に入ったら「もう必要以外は何もしない」というくらい
緩んでしまって構いません。

新月前の週末には、ちょっと贅沢をしてみるのも良い方法。
日帰り温泉に出かけたり、美味しいものを食べたりして
自分にご褒美をあげましょう。

頑張ったら休む…このリズムを月の周期に合わせれば
自然とバランスがとれてゆきます。
毎月のメンテナンスとして活用すればいつまでも元気を保てるのです。

0_0_0_0_0_0_0_0_0_0_0_0_icon_moonsilver

月は毎日その姿を変えます。
新月を第一日目として、二日目には細い三日月となって姿を現し
だんだんと丸くなってゆきます。その月の変化を月齢と呼びます。
月例にして28.5日。29日間が割り当てられるのです。
そして29日というひとつの周期をよっつに分けて考えます。

まず新月から上弦までの最初の4分の1の周期が「第1四半期」
それから上弦から満月までが「第2四半期」
満月から下弦までが「第3四半期」
下弦から新月までが「第4四半期」と続いていきます。

※参考 「月の手帳」

あなたを幸運に導く月の手帳
あなたを幸運に導く月の手帳
クチコミを見る


 「ムーン・ヒーリング」月の癒しと幸運への扉
月の力を応用してツキを得る方法を紹介。
第1章 月と共に揺れる生命のリズム/
第2章 月の引力が左右する生命力/
第3章 月齢がもたらす正の作用と負の現象/
第4章 人生に影響する月の神秘な力/
第5章 月と水による心身の浄化/第6章 幸運を開くムーン・ヒーリング

ムーン・ヒーリング―月の癒しと幸運への扉
クチコミを見る


 「月のリズムで暮らす本」
月を意識すると変わる、こころとからだのリズム。
暮らしのなかに月のパワーを取り入れて自然のリズムで暮らしてみよう。
月のリズムで暮らす本 (ブルームブックス)
月のリズムで暮らす本 (ブルームブックス)
クチコミを見る

 「月の魔法」
地球上の生き物はすべて月のリズムに支配されています。
月の魔法

 「宙(そら)の名前」
夜空は神話と伝説に満ちた煌きの地。
宵闇に包まれ、静かに星が瞬き出す日の沈んだあとに訪れる
夜の星物語の世界を、250点余りの写真とともに綴る。
宙(ソラ)の名前

 「月の下で」
月から物語は生まれ月は物語を彩る
尽きることなく月は歌に句に読まれ続ける。
月の写真と文学を合わせた一冊。
月の下で

月の癒し
月の癒し



 

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 くる天 人気ブログランキング


 
Posted by sara1116 at 15:21│Comments(0)TrackBack(0)clip!月のリズム


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sara1116/51580816