2012年08月10日

天文現象情報 

2012年の8月中旬、恒例のペルセウス座流星群だけでなく
金星食や月と惑星の接近など、深夜から明け方にかけて
面白い現象がたくさん起こります。
また、宵空には夏の大三角や天の川なども美しく見えています。
お盆休みの帰省や旅行で、空気の澄んだ空を
見上げるチャンスが多いこの時期、
たまには星空を眺めてみてはいかがでしょう。

ru)

8/11〜16  天文現象5夜連続スペシャル
http://www.astroarts.co.jp/special/2012summer/index-j.shtml

夏の夜、流れ星を数えよう(国立天文台)
期間:8月10日〜14日
8月12日未明月と木星が大接近
http://www.astroarts.co.jp/special/2012summer/0812moonjupiter/index-j.shtml 

kinmoon

12日には、木星と月が大接近します。
肉眼でも楽しめますが、双眼鏡で見ると月の模様がはっきりと見え
より興味深いでしょう。アルデバランも同一視野内に見えます。
翌日、13日の明け方には、月は木星と金星の間に来ます。
ペルセウス座流星群のピークのころなので
木星・月・金星のあたりに流れ星が飛ぶかもしれません。

8月12日21時頃ペルセウス座流星群極大
(出現期間7月20日〜8月20日)
http://www.astroarts.co.jp/special/2012summer/perseids2012/index-j.shtml

kinr1

ペルセウス座流星群は、毎年8月12日〜13日ごろに
活動がピークになる流星群です。
条件が良ければ1時間あたり数十個もの流れ星が見られるという
一年を通じてもっとも期待できる流星群です。
ちょうどこのころは夏休みで、町明かりが少なく
空が暗いところにいる方も多いことでしょうから
ぜひ空を見上げてみましょう。

流れ星は「ペルセウス座」の方向を中心として
四方八方に飛ぶように見えます。
つまり、「ペルセウス座」のある北東方向だけではなく
全天のどの方向にも見える可能性があります。
建物や木立がなく空が広く見渡せる方向や
街灯に照らされていない方向などを見るようにすると
流れ星が見つけやすくなるでしょう。とくに今年は東の空に
金星と木星が輝いているので、そのあたりに流れ星が飛ぶと
とても面白い光景になりそうです。
東の空がよく見えるところを探しておくとよいでしょう。

方向に気を配るだけでなく、長い時間空を見上げることもポイントです。
観察を始めてすぐに流れ星が飛ぶかもしれませんが
やはり長時間見るほうが見える可能性が高くなります。
マットを敷いて寝転がる(安全に注意)、虫刺されの薬を用意する、など工夫して
できるだけ長い時間、流れ星を待ってみましょう。
また、前後数日間は活発な活動が見られますので
12〜13日に見られなくても別の日にも空を眺めてみてください。
 
2012年8月14日 金星食 
金環日食、金星の太陽面通過に続いて
金がつく美しい天文現象がもうひとつ。それが「金星食」。
14日の明け方、細い月が金星の前を通り過ぎていき
金星が隠される「金星食」という現象が起こります。
明けの明星となった、-4.3等級の金星が細い月の輝きに隠され
しばらくすると暗い部分から生まれるように姿を現します。

kin100

14日の未明、金星が月に隠されまた現れる「金星食」を
全国で見ることができます。
潜入は2時台、出現は3時台となります。
2時45分ごろ、月の明るい側から金星が隠されます。
一瞬で見えなくなるわけではなく、少しずつ金星の光が弱くなっていき
1分半ほどかけて完全に隠されます。
そして3時半ごろ、今度は月の暗い側から、やはり1分半ほどかけて金星が現れます。
暗いところから光が現れて、金星がだんだん輝きを取り戻していきます。
 
月から光の雫がこぼれるように現れる金星は
宝石のように美しく、肉眼でも楽しむことができます。
望遠鏡なら半月状に欠けた金星がジワジワ月に吸い込まれてゆく様子や
地球照でぼんやり光る月の背後から
まぶしすぎるほどの金星が輝く宝石のように出てくる様子を
楽しむことができるとの事。

特集ページ
細い月から現れるヴィーナスの宝石
月の背後に隠れる直前と、出てきた直後は
金星がまるで細い月から滴り落ちる雫か
イヤリングのように見えて、感動的な美しさ。
まだ空が暗い時間帯での現象なので
肉眼でも潜入と出現の様子はわかるとのこと。
双眼鏡で見るとその感動はいっそう大きく
望遠鏡なら半月状に欠けた金星がジワジワ月に吸い込まれてゆく様子や
地球照でぼんやり光る月の背後からまぶしすぎるほどの金星が
輝く宝石のように出てくる様子を楽しむことができるそうです。

沖縄本島北部では、金星が月の南縁をかすめることになり
月の山に隠されて金星が明滅するようすが見られるかもしれません。 

アストロアーツ 
自然科学研究機構 国立天文台

kin1

pinmppnb8月の天文暦

2日(木)  
 満月。
7日(火)  
 立秋(りっしゅう:秋のはじまり)
10日(金)
 下弦(夜半に東の空から昇り、明け方に南の空に見える。
 下弦〜新月は夜空が暗く、星がよく見えます)
12日(日)  
 明け方、月と木星が大接近
 このころ、明け方に木星とアルデバランが接近中
 ペルセウス座流星群の活動がピークの頃
14日(火)  
 明け方、金星食
15日(水)  
 金星が西方最大離角(明けの明星として輝き目立っています)
 この頃、宵に火星と土星、スピカが接近中
16日(木)  
 水星が西方最大離角、細い月と接近(明け方、東の低空に見えています)
18日(土)
 新月(下弦〜新月は夜空が暗く、星がよく見えます)
22日(水)  
 夕方〜宵、月と火星が接近、土星とスピカも並ぶ
24日(金)
 上弦(日没ごろに南の空に見え、夜半ごろ西の空に沈む)
 旧七夕(伝統的七夕)
25日(土)  
 宵、月とアンタレスが並ぶ
31日(金)
 満月。次の満月は9月30日です
 

天体ショーへようこそ! [ 白石拓 ]
天体ショーへようこそ! 

天体ショーへようこそ!
天体ショーへようこそ!

【送料無料】 月・太陽・惑星・彗星・流れ星の見かたがわかる本 藤井旭の天体観測入門 / 藤井旭 【単行本】
月・太陽・惑星・彗星・流れ星の見かたがわかる本 

ぼくはいつも星空を眺めていた 裏庭の天体観測所/チャールズ・レアード・カリア/北澤和彦
ぼくはいつも星空を眺めていた 
裏庭の天体観測所

【8月9日限定・100円クーポン配布中!】星と宇宙のふしぎ109 プラネタリウム解説員が答える天文のなぜ/村山定男/永田美絵/八板康麿
星と宇宙のふしぎ109 
プラネタリウム解説員が答える天文のなぜ

【8月9日限定・100円クーポン配布中!】テーマ別ではじめる天体観察/えびなみつる
テーマ別ではじめる天体観察

【送料無料】 わかる!星空の楽しみ方 天体観望入門 / 唐橋新哉 【単行本】
わかる!星空の楽しみ方 天体観望入門 
 

blogram投票ボタン 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 くる天 人気ブログランキング

月時館 Tsukijikan* 
† 月の神秘と魅力に惹かれ月と戯むる †


Facebookページ


ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss



 
Posted by sara1116 at 13:02│Comments(0)clip!月の扉