2013年08月11日

月見&星空情報 


8月10日(土)11:18 月が金星の南05゚07.3'を通る
8月12日(月)19:25 スピカ(1.0等)の食(東京:明縁から出現、高度20゚)
8月13日(火)xx:xx 月と土星が接近
8月13日(火)xx:xx 伝統的七夕(旧七夕)

◆スピカ食
8月12日の夕方〜宵の頃、月齢6の月がおとめ座の1等星
スピカを隠すスピカ食が起こります。
スピカが月に潜入する時刻と月から出現する時刻
それぞれの位置は観測地によって違うので、事前に確かめておきましょう。
出現後は月とスピカが寄り添っている光景が楽しめます。
スピカが隠される、現れるところだけでなく
月とスピカが大接近している光景も見ものです。

◆月と土星の接近 
8月13日の宵の頃、南西の空で月齢7の月と土星が接近しているのが見えます。
肉眼や双眼鏡では共演している光景を、天体望遠鏡では
それぞれの拡大像を楽しみましょう。
西の空の低いところには金星、南の空にはさそり座やいて座など
夏の代表的な星座も見えています。

◆ペルセウス座流星群
夏の風物詩、ペルセウス座流星群の今年の活動ピークは
8月13日の午前3時ごろと予想されています。
月明かりの影響がなく、放射点の高度もじゅうぶんで、絶好の条件です。
http://www.astroarts.co.jp/special/2013perseids/index-j.shtml
 
984f212a

12・13日には、伝統的七夕のライトダウンもあります。

 『七夕と月と星』 
◆伝統的七夕・・・それは上弦近い月があってはじめて成り立つ行事。
本来七夕は旧暦7月7日の行事。
月の満ち欠けを基準とする旧暦では7日の月は上弦の月。
旧暦7月7日には上弦の月がちょうど天の川の西側に横たわり
月の舟に見立てる事も。
http://lamoon.doorblog.jp/archives/50484303.html 


bn_500x80


スター・ウィークバナー
本サイトは「スター・ウィーク2013」に協賛しています。
 

伝統的七夕の夜に明かりを消して

暗くなった夜空に輝く天の川を見上げよう・・・このように呼びかける
「伝統的七夕ライトダウン」キャンペーンが2011年から行われています。
伝統的七夕ライトダウン2013推進委員会は
今年の伝統的七夕 (注) にあたる8月13日の夜と、その前日の8月12日の夜
無駄な照明を消したりカーテン等で遮るなどして
暗くなった夜空を見上げようと呼びかけています。

今年のスローガンは「星に願う2日間」。
8月12日と13日は、日の入り後の空に上弦前の月が輝き
また月が沈んだ夜半には、夜空に輝く七夕の星と天の川を楽しむことができます。
折しも、8月12日夜半から13日未明にかけては
ペルセウス座流星群が出現のピークを迎えます。
この8月12日と13日の2晩、ライトダウンで暗くなった夜空を見上げ
七夕の星と流れ星に願いをかけるキャンペーンを展開します。

注:
二十四節気の処暑を含む日か、それよりも前で処暑に最も近い
朔 (さく) の瞬間を含む日から数えて7日目としている。
2013年は8月13日が伝統的七夕の日。

▽伝統的七夕ライトダウン2013 (伝統的七夕ライトダウン2013推進委員会)
  http://7min.darksky.jp/ 

0917a952

08月14日(水)06:33 小惑星ジュノーが地球に最接近(1.6899天文単位)
08月14日(水)19:56 上弦
08月15日(木)14:17 さそり座β星アクラブ(2.6等)の食(札幌:暗縁から潜入、高度09゚)
08月16日(金)21:12 月が最南(赤緯-19゚54.3')
08月19日(月)04:57 水星と小惑星ベスタが最接近(01゚08.7')
08月19日(月)10:26 月の距離が最近(0.942、36万2263km、視直径33.0')
08月21日(水)10:45 ○満月
08月21日(水)23:52 月が海王星の北05゚36.5'を通る
08月23日(金)01:00 月が赤道通過、北半球へ
08月23日(金)08:02 処暑(太陽黄経150゚)
08月23日(金)14:35 準惑星ケレスが合
08月24日(土)14:06 水星が外合(太陽の北01゚53.1'、光度-2.1等、視直径05.0")
08月24日(土)15:35 月が天王星の北03゚16.5'を通る
08月25日(日)06:32 水星と太陽が最接近(01゚45.3')
08月27日(火)17:12 海王星がみずがめ座で衝(光度7.8等、視直径02.3")
08月28日(水)18:35 下弦
08月30日(金)02:02 月が最北(赤緯+19゚48.2')
08月31日(土)08:46 月の距離が最遠(1.053、40万4881km、視直径29.5')

<Webページ>
■天文現象カレンダー(AstrArts)

blogram投票ボタン 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 くる天 人気ブログランキング


月時館 Tsukijikan* 
† 月の神秘と魅力に惹かれ月と戯むる †


Facebookページ


ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss



 
Posted by sara1116 at 17:25│Comments(0)clip!月の扉


月の暦