2014年07月31日

2014年8月☆星空情報と月見暦 

月花火

いよいよ夏本番の8月。
夜空の方も夏の星座が全部出そろって、こちらも夏本番となります。
7月の七夕祭りの頃は夏の天の川は高度が低くて見づらかったのですが
8月になると高度も上がってきて、淡い天の川は見やすくなります。
上旬には月と火星や土星の大接近、中旬にはペルセウス座流星群
後半には金星と木星の大接近や火星と土星の共演。
1か月を通して楽しみな天文現象が目白押しです。

夏は高原や海辺など普段とは違う場所で星空を眺めるチャンスでもあります。
空が暗く空気が澄んだところなら、天の川も見えるかもしれません。
暑い日ばかりで大変ですが、夕涼みがてらに夜空を見上げてほっと一息。

8月星空top


pin42014年8月の星空
 
夕方の南西の空に、火星と土星が輝いています。
二つの惑星が近くに並び、かなり目に付きます。
火星は、下旬に土星と並ぶように位置がしだいに変わっていきます。
南西の空には、春の星たちの目印、しし座のデネボラ、
うしかい座のアルクトゥルス、おとめ座のスピカで作る、春の大三角が輝いています。
しかしすぐに高さが低くなり、見えなくなります。
そして、今月は夏の星たちが見ごろとなっています。

夏の星たちの目印は、夏の大三角です。
夏の大三角は、こと座のベガ・おりひめ星とわし座のアルタイル・ひこぼし、
はくちょう座のデネブを結ぶとできる三角形で、南の空に見えています。
また、南西の低いところには、さそり座のアンタレスも目立ちます。
空の暗い郊外では、夏の大三角からさそり座といて座に向けて流れる、
天の川の姿を見ることができるでしょう。天の川はさらに北東の空へ流れ
秋の星座カシオペヤ座へと続いています。

04_g-semap
 

pin42014年8月 主な天文情報

8月02日(土)XX:XX 旧七夕(伝統的七夕)
8月03日(日)XX:XX 月と火星が大接近
8月03日(日)01:38 水星が木星の北00゚57.6'を通る
8月03日(日)03:52 木星と水星が最接近(00゚56.6')
8月03日(日)19:03 月が火星の北02゚13.5'を通る
8月04日(月)XX:XX 月と土星が大接近
8月04日(月)09:50 上弦
8月04日(月)19:31 月が土星の南00゚04.3'を通る
8月05日(火)09:41 土星が東矩(てんびん座、光度0.3等、視直径16.9")
8月07日(木)13:27 月が最南(赤緯-18゚49.5')
8月07日(木)23:02 立秋(太陽黄経135゚)
8月08日(金)13:43 水星が外合(太陽の北01゚48.1,光度-2.0等、視直径05.0")
8月09日(土)00:25 太陽と水星が最接近(01゚44.1')

8月11日(月)02:43 月の距離が最近(0.928,35万6896km、視直径33.5')本年最近
8月11日(月)03:09 ○満月(スーパームーン)
8月12日(火)01:15 カシオペヤ座RZ星が極小
8月12日(火)11:05 月が海王星の北04゚31.3'を通る
8月13日(水)09:XX ペルセウス座流星群が極大(出現期間7月20日〜8月20日)
8月13日(水)13:29 月が赤道通過、北半球へ
8月15日(金)01:59 月が天王星の北01゚09.6'を通る
8月17日(日)21:26 下弦
8月18日(月)13:07 金星が木星の北00゚12.2'を通る
8月18日(月)14:11 木星と金星が最接近(00゚11.9')
8月20日(水)07:07 月が最北(赤緯+18゚45.0')

8月23日(土)13:46 処暑(太陽黄経150゚)
8月24日(日)01:43 月が木星の南05゚27.1'を通る
8月24日(日)14:47 月が金星の南05゚41.5'を通る
8月24日(日)15:09 月の距離が最遠(1.058、40万6523km、視直径29.4')
8月25日(月)23:13 ●新月
8月26日(火)03:18 土星と火星が最接近(03゚25.0')
8月27日(水)14:33 月が水星の南03゚21.4'を通る
8月27日(水)20:50 月が赤道通過、南半球へ
8月27日(水)22:14 火星が土星の南03゚33.8'を通る
8月30日(土)06:45 海王星がみずがめ座で衝(光度7.8等、視直径02.3")
8月31日(日)XX:XX 月と土星が接近

line_kusatuki3

2日(土)  
伝統的七夕
夕方〜宵、月とスピカが接近

3日(日)  
夕方〜宵、月と火星が大接近

3日〜4日の夕方、南西の空にほぼ半分の月が輝いています。
そのそばに火星と土星が並んで見えるでしょう。
まず3日は、月と火星がぴったり並びます。
かなり近いので、注意深く探してください。
そして4日は月が少し東へ移動し、土星と並んで見えます。
こちらもかなり近いので注意深く観察してください。
ところで、2日(土)の夜も月はおとめ座のスピカのすぐそばにあります。
このように日を追うごとに月が惑星に接近していく様子がよく分かります。
ぜひ連続で観察してみてください。 

4日(月)
上弦(日没ごろに南の空に見え、夜半ごろ西の空に沈む)
夕方〜深夜、月と土星が大接近

8月4日 月と土星が大接近

4日の夕空には土星に上弦の月が大接近し
低倍率の望遠鏡でしたら同一視野内に見ることができます。
5日は土星が太陽の東側90°にやってきて東矩(とうく)となります。
土星はこれから少しずつ西に傾く時間が早くなっていきますので
今のうちに楽しんでおいてください。

※ 東矩
外惑星の矩のうち、惑星が太陽の東にある状態。
つまり、惑星が太陽から東に、角度で90度ずれた方向にある状態。

7日(木)
月が最南(赤緯-18゚49.5') 
立秋(暦の上で秋のはじまり)(太陽黄経135度)

9日(土)
水星が外合

11日(月)
満月。次の満月は9月9日です。
今年最大の満月。

月が地球に最も近づいたときに、満月もしくは
新月の形になった月の姿、現象をスーパームーンと言います。
地球を回る月の軌道が楕円形なので、どの地点で満月になるかによって
満月の見かけの大きさが変わります。
2014年1月16日の最遠(一番小さく見える)時の視直径は29.4’。
これと比べると8月11日は1割以上大きく見えます。

なお今年最も小さく見えた満月は1月16日で、月の視直径は約29分角でした。
下の図のように並べて大きさを比較すると、ずいぶん大きさが違うことがわかります。 

bigmoon
 
13日(水)  
ペルセウス座流星群の活動がピークの頃。
午前9時頃、ペルセウス座流星群が極大(月明かりがあり、条件が悪い)

ペルセウス座流星群1
 
夏の風物詩ともいえるペルセウス座流星群。
今年の極大時間は午前3時ごろです。
満月過ぎの月明かりがあり好条件とは言えませんが
ペルセウス座流星群は痕を残すものも多いので是非観測してみてください。

17日(日)
下弦
(夜半に東の空から昇り、明け方に南の空に見える。
下弦〜新月は夜空が暗く、星がよく見えます)

18日(月)  
この頃、明け方に金星と木星が大接近。
この頃はくちょう座κ流星群が極大。
(夜半頃に月がのぼってくるので条件はあまり良くない) 

明け方の東の低い空で、金星と木星が並んで輝きます。
最接近は18日(月)の明け方で、見やすいのは午前5時頃になります。
ただ、たいへん高さが低いので、東方向の見晴らしがいいところでご覧ください。
ちなみに金星が星の中でいちばん明るく、木星はその次に明るいので
ふたつの星が見えたら間違えないでしょう。
なお、この接近は前後数日見られますので天気の良い日に早起きをしてご覧ください。

19日(火)  
未明〜明け方、月とアルデバランが大接近

23日(土)
処暑(太陽黄経150度)

823

24日(日)  
明け方、細い月と金星、木星が並ぶ

金星は明けの明星として、明け方東の低い空に見えています。
そして、金星の少し上には木星が輝きます。
最接近から1週間ほどですので、まだこの二つの惑星は近いところあります。
そんなに二惑星に、月が24日(日)の明け方に並んで輝き、美しい眺めとなります。 

25日(月)
新月(下弦〜新月は夜空が暗く、星がよく見えます)
このころ、夕方〜宵に火星と土星が接近

29日(金)  
夕方、細い月とスピカが並ぶ。
海王星が衝。

30日(土)  
夕方〜宵、月とスピカが並ぶ(前日とは並び方が変わります)

31日(日)  
夕方〜宵、月と土星が接近 
moonline

◆スター・ウィークと伝統的七夕

2日 伝統的七夕

毎年8月1日から7日は「スター・ウィーク 〜星空に親しむ週間〜」です。
スター・ウィークは子どもから大人まで幅広く
星空に親しんでもらおうというキャンペーンです。
今年は「星でハートをつなぐ夏」をキャッチコピーに
全国各地で天体観望会などのスター・ウィーク協力イベントが開催されます。

そしてスター・ウィーク期間中の8月2日が今年の「伝統的七夕」の日です。
伝統的七夕とは太陰太陽暦(いわゆる旧暦)の
7月7日にちなんだかつての七夕の日のことです。
この日の宵空には七夕の星々が空高く昇り、上弦前の月が南西の空に輝きます。
2011年から展開されている「伝統的七夕ライトダウンキャンペーン」では
「明かりをけして 星をみよう」をスローガンに
8月2日、3日の2夜のライトダウンを呼びかけます。

伝統的七夕(旧七夕)
 
明治時代まで使用していた旧暦の7月7日にあたる七夕のことを
現代の私たちになじみの深い7月7日の「七夕」と区別して
「伝統的七夕」と呼んでいます。古くは「棚機(たなばた)」と表記しました。
そもそも七夕はお盆行事の一環でもあり、お盆の準備をするのが
7月の夕方であることから、「七夕」と書かれるようになったという説もあります。
七夕は、年に一度、おり姫星とひこ星が天の川をわたって
会う事を許された特別な日、という「七夕伝説」が有名ですね。
おり姫星はこと座のベガ、ひこ星はわし座のアルタイルで、天の川を挟んで輝く
夏の代表的な星として愛されています。
東京では今は観測できない天の川ですが、空気のきれいな場所に行くと
小さな星たちがまるで川のように広がる様子が観察できるでしょう。
通常「七夕」といえば、梅雨まっただ中ですが
「伝統的七夕」のころには梅雨も明け満天の夏の星を楽しめます。
昔の人々の息遣いを知ることができる、数少ない旧暦のイベントをぜひお楽しみください。

伝統的七夕1

※旧暦は現在公的には使われていないため、伝統的七夕の日は
「太陽太陰暦と同じような方法で求めた7月7日に近い日」として
太陽の位置や月の満ち欠けをもとにして決められます。 

e0653996-s

◆今年最大の満月

月が地球に最も近づいたタイミングで満月となる月を「スーパームーン」と言います。
月は真円ではなく、楕円軌道で地球の周りを回っているため、
地球に最も近づく位置(近地点)と最も遠ざかる位置(遠地点)が存在します。
近地点で満月を迎えた時が「スーパームーン」です。最も遠くにあるときの満月よりも
約14%大きく30%も明るく見えます。 「スーパームーン」は、皆既日食など
エリア限定の天体イベントと違い、どこの国の誰もが
「最高に美しい瞬間の大きな満月」を見ることができる天体現象です。
ただ、実際には肉眼で見る限りその大きさや明るさが変わっていることは認識できません。
「スーパームーン」とは近年になって言われ始めました。
これは占星術の用語で、満月には不思議な力があると思われていて
願い事が叶う、自然災害が訪れる、社会的な暴動が起こるなどの
様々な風説がありますが、そのような事実の裏付けはありません。

5')

8月11日の月は、今年最も大きく見える満月です。
月は地球の周りを回る天体ですが、その軌道が楕円形をしているため、
地球と月の距離は一定ではありません。また、月の軌道は太陽や地球などの
影響を受けて変化するため、月が地球に最も近づくとき(近地点)、
最も遠ざかるとき(遠地点)の距離が毎回異なります。
8月11日2時43分、月が地球に今年最も近づきます(約35万7000キロメートル)。
そして、その直後の3時09分に満月の瞬間を迎えます。
満月の瞬間の月の視直径は約33分角です。

◆ペルセウス座流星群

12〜13日ごろに活動がピークとなる「ペルセウス座流星群」は
夏の定番の天文現象です。条件が良ければ1時間あたり
数十個の流れ星を見ることができ、この日は一年のうちでも指折りの
「流れ星が見やすい夜」です。速く明るい流星が多く見ごたえがあり
流れ星が飛んだあとに、ぼんやりとした煙のような
「流星痕(りゅうせいこん)」が見えることもあります。
ただし今年は、満月過ぎの明るい月がほぼ一晩中夜空にあるという悪条件です。
そのため暗い流れ星は見えず、目にできる数はかなり減ってしまいそうです。
また、ピークの予想時刻が夜明け後(13日9時ごろ)のため
数が増えていく途中で朝を迎えてしまう点も残念です。

1つでも多くの流れ星を見るためには、なるべく見晴らしが良い場所で
月や街灯から離れた方向を眺めるようにしましょう。
流れ星は「放射点」と呼ばれる天球上の一点を中心としてあちらこちらに飛ぶので
狭い範囲を集中して見るのではなく、広く見渡すことも大切です。
見始めてすぐに流れるとは限らないので、少なくとも15分くらいは空を見上げてみてください。 

12〜13日 ペルセウス座流星群
 
三大流星群(しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群、ふたご座流星群)のひとつで
平均して1時間に数十個〜100個程度の流星を見る事ができます。
一般的な出現時期は7月17日から8月24日です。
見ごろは8月13日の0時〜明け方までとなります。
ちょうど、満月過ぎの明るい月がでているので、条件はあまりよくありませんが、
数が豊富なペルセウス座流星群ですので、月明かりに負けず
ある程度の流星数は見られるでしょう。
8月中旬以降になると、はくちょう座κ(カッパ)流星群も加わります。

ペルセウス座流星群

8月13日 ペルセウス座流星群極大

8月12日深夜から13日明け方にかけて
ペルセウス座流星群の活動が活発になると予想されています。
ペルセウス座流星群は毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群で、
夜空の暗い場所では1時間あたり数十個ほどの流星を見ることができます。
しかし今年は、満月過ぎの明るい月が一晩中夜空に見えているため
肉眼で観察できる流星の数は、かなり少なくなるでしょう。 

◆月と火星、土星の接近

伝統的七夕の2日、宵のころに南西の空に見える月はスピカと並んでいます。
この月は、翌3日には火星に大接近し、さらに翌日の4日になると土星に大接近します。
月がスピカ→火星→土星と、毎日挨拶をしながら通り過ぎていくかのようです。
接近は肉眼でもじゅうぶん楽しめます。星や惑星の色、月の形の変化、
月と星との間隔の違いなどを実感してみましょう。
双眼鏡で観察すると月の模様がさらにはっきり見え、星の色もわかりやすくなります。
写真撮影で変化の様子を記録するのも面白いでしょう。 

3日と4日 月が火星、土星と大接近
 
日の入り後の南西の空に、火星と土星が見えています。
火星は8月上旬にはおとめ座の1等星スピカと土星のほぼ中間に位置していますが、
徐々に東に向かって移動(順行)し、土星に近づいていくようすを観察することができます。
また、月が、3日は火星に、4日には土星に接近します。
オーストラリアなどでは、土星が月に隠される土星食を観察することができます。
残念ながら日本では土星食を観察することができませんが、月と土星が
たいへん接近しているようすを見ることができるでしょう。
さらに31日、9月1日にも火星と土星の近くに月が見え、美しい眺めとなるでしょう。

月と星や惑星の接近は、個別にはそれほど珍しい現象ではありませんが
3日続けてというのはなかなかありません。
ご家族ご友人などと一緒に、ぜひお楽しみください。

◆金星と木星の接近

6月中旬ごろから太陽と同じ方向に位置して見えなくなっていた木星が
8月下旬ごろから2か月ぶりに明け方の空に見え始めます。
8月の間は低空で見づらいのですが、すぐ近くに金星があって
大接近するので注目しましょう。日出1時間前(東京で朝4時ごろ)くらいから
東北東の空に2惑星が並んでいるのがわかります。
かなり低いので、あらかじめ見晴らしの良い観察場所を見つけておきましょう。
最接近する18日には満月1個分ほどの間隔にまで近づき、とても美しい共演を楽しめます。
双眼鏡を使うと、2惑星のすぐ左にプレセペ星団の星々も見えるかもしれません。
また8月下旬には宵空で火星と土星も接近して見えます。
明け方の「金・木ペア」と宵の「火・土ペア」、どちらも観察してみてください。

8月18日の明け方の空。囲み内は双眼鏡で見たイメージ

夜明け前の空に、金星(-3.9等級)と木星(-1.8等級)が接近して見えます。
東京で日の出時の高度は15°と低めですが、
明け方の東の空を探せばすぐに見つかるでしょう。
太陽系8惑星のうち一番大きい惑星が木星で、私たちが住んでいる地球から見える
一番明るい惑星が金星です。今回はこの金星と木星が大接近します。
明け方の空に明るく輝く二つの惑星を是非ご覧下さい。
二つの明るい天体が近くで輝く美しい姿は見ごたえがあります。 

金星と木星の接近1
 
日の出直前の東の低空では明けの明星・金星が明るく輝いています。
8月中旬以降になると木星が高度を徐々に上げ、金星に近づいていきます。
金星と木星が最も接近するのは18日で、このころは双眼鏡や低倍率の望遠鏡で
2惑星を同一視野にとらえることができます。
23日、24日は新月直前の細い月が木星と金星の近くに見えます。
低空での現象なので、早起きして東の空が開けている場所で観察してみてください。 

金星と木星の接近

◆8月18日(月) はくちょう座κ(カッパ)流星群

はくちょう座κ(カッパ)流星群は、流星が末端で爆発する特性を持っているため
比較的見やすい流星です。
しかし、ペルセウス座流星群のような派手さはなく
一時間に数個程度見えたらよいかもしれません。
今年は8月17日、18日の日没後が見ごろです。 
夜半以降は月明かりがあるので見にくいでしょう。
放射点(流れ星が飛び出してくるように見える点)がりゅう座に近いため、
昔はりゅう座流星群として記録されていたこともあったようです。

はくちょう座κ流星群

はくちょう座は、天の川にそって大きな翼を広げた白鳥の姿を表した星座です。
夏の夜空でひときわ目立つ星座で、1等星のデネブをはじめ
アルビレオなどの明るい星が大きな十字の形を作っています。
デネブは夏の大三角を作る星の1つとなっています。
ギリシャ神話では、大神ゼウスが美しいスパルタの王妃レダを気に入り
ひそかに合いに行くために白鳥に姿を変えたという物語が
はくちょう座の由来の1つと言われています。

◆8月26日(火) 火星と土星の接近

火星と土星の接近

太陽系の惑星の中で、地球より太陽に近い水星と金星を「内惑星」
地球より外側にある惑星を「外惑星」といいます。
この日は、日没後、南西の空で外惑星の火星と土星が接近して見えます。
空が西に開けた場所で観測すると、沈んでいく火星と
土星の姿を長く楽しむことができます。
火星の左方向(南南西)には「火星に対抗する者」
という意味を持った、さそり座のアンタレス。
そして右方向(西南西)には、おとめ座のスピカが見えています。
赤っぽいアンタレスと火星、黄色っぽい土星、白く光るスピカと
それぞれの色を比較して見るのも楽しいですね。
moonline

参考サイト
国立天文台 | ほしぞら情報
AstroArts : 星空ガイド
Nikon | 星空案内 | 
星空ガイド 
つるちゃんのプラネタリウム

◎用語解説
極大(きょくだい)・・・条件が最もいいときのこと
(く)・・・地球から見て太陽と90°離れた状態
視直径(しちょっけい)・・・地上から見た星までの角度
(しょう)・・・地球に一番近い状態
星食(せいしょく)・・・星や惑星が月に隠れる現象
等級(とうきゅう)・・・星の明るさの単位。数字が小さいほど明るい
°(ど) ′(ふん) ″(びょう)・・・角度の単位
離角(りかく)・・・太陽から離れている角度 

moonl_s

 pin4 2014年8月の月暦 ☾*

月暦

上弦 *   4日 09:50
満月 * 11日 03:10
下弦 * 17日 21:26
新月 * 25日 23:13

2014年。今年最も月が遠いのは、7月28日。
そして8月の満月は、今年最も近い月での満月です。
 
地球を周回する月の軌道は、いびつな楕円形をしているので
地球に近づいたり遠ざかったりしますが
最遠と最接近との距離の差は5万キロにもなります。
月の直径は約3500キロなので、月の大きさにして14個分もの距離。
最遠の月がミニムーンとよばれるのに対し
地球に最も近づいた状態の月はスーパームーン(SUPER MOON)とよばれ
その明るさの差は13%も違うとか。

●7月28日(月)12:28 月の距離が最遠
(1.058、40万6567km、視直径29.6')本年最遠
 
●8月11日(月)02:43 月の距離が最近
(0.928、35万6896km、視直径33.5')本年最近
 
●8月11日(月)03:09 ○満月(スーパームーン)
 
●8月24日(日)15:09 月の距離が最遠
(1.058、40万6523km、視直径29.4') 
 
a96cf14f4d46d49e8e8245e637d81983


宙の名前 新訂版 (単行本・ムック) / 林完次
宙の名前 新訂版

【送料無料】 星をさがす本 / 林完次 【単行本】
星をさがす本

【送料無料】 夜空と星の物語 / 日本星景写真協会 【単行本】
夜空と星の物語 / 日本星景写真協会

グリニッジ天文台が選んだ絶景天体写真
グリニッジ天文台が選んだ絶景天体写真

【新品】【書籍・コミック えほん・児童・図鑑】星空図鑑
星空図鑑


【送料無料】 星座の事典 全88星座とそこに浮かぶ美しい天体 / 沼沢茂美 【単行本】
星座の事典
全88星座とそこに浮かぶ美しい天体

【2500円以上送料無料】星ごよみ 星座と宇宙の観察図鑑/林完次
星ごよみ 星座と宇宙の観察図鑑

星空への旅 : 地球から見た天体の行動-【電子書籍】
星空への旅 : 地球から見た天体の行動

【新品】【書籍・コミック 医学・科学・技術】人類の夢を育む天体「月」 月探査機かぐやの成果に立ちて
人類の夢を育む天体「月」
月探査機かぐやの成果に立ちて


秘密指令月をめざせ! : 天体の話 : 理科-【電子書籍】
秘密指令月をめざせ! 天体の話



blogram投票ボタン 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 くる天 人気ブログランキング


月時館 Tsukijikan* 
† 月の神秘と魅力に惹かれ月と戯むる †


Facebookページ


ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss



 
Posted by sara1116 at 10:00│Comments(0)clip!月の暦