2014年12月28日

2015年1月☆星空情報と月見暦 

pin42015年 主な天文現象

090117_006960_2

2015年はどんな星空や天文現象が見られるでしょうか。
4月の月食や好条件の流星群、惑星同士の接近などが楽しみです。

2015年 1月4日 未明 / しぶんぎ座流星群極大
 
2015年 4月 4日 / 全過程が見られる皆既月食
月食は、月が地球の影に入り徐々にかけていく現象です。
4月4日 部分食の始まりから全過程の終了まで観察できる
条件の良い皆既月食が全国で見られます。 
この月食は、観察のしやすい夕方の空で月出の直後から始まります。
月食で欠けた部分は、真っ暗ではなく赤黒い色に染まります。
これは、地球に大気があるために、 地球の影の中に
赤い光が入り込むためです。色の変化を楽しみましょう。 
 
2015年 6月15日 / 水星食(日中)
6月15日 11時頃〜12時頃、鹿児島県南部を北限として
「水星食」が見られます。 水星食とは月が運行の過程で
背景にある水星を隠す現象です。 昼間の現象ですから
観察には望遠鏡が必須となります。
月も新月直前ですので、昼間の空に見出すことは極めて難しいでしょう。
 
2015年 6月末〜7月初 / 夕空で 金星と木星 の大接近
6月末から7月初めにかけて、夕空 西の低空で金星と木星が接近します。 
最接近は 7月1日 で、この時の 金星と木星の離角は わずか 22.5分角です。 
これは、満月の視直径(30分角)よりも小さい離角です。
金星と木星は最も明るい星ですから、大変印象的な光景となることでしょう。 
 
2015年 8月12〜14日 / ペルセウス座流星群極大
流星群とは、天球のある一点から(放射点)から
放射状に出現する一群です。 この放射点のある星座名を取って
 ○○流星群 と呼ばれます。しぶんぎ座流星群は
三大流星群のひとつに数えられますが、活発な活動はわずか
数時間に限られます。2015年のしぶんぎ座流星群は
満月直前の強烈な月明かりが邪魔をするため観測条件はよくありません。 
 
2015年 10月10日 / 月と木星と火星が接近、金星とレグルスも
10月10日の早朝、東の空に5つの天体が集まります。
まず低い位置に目をやりましょう。月齢26.5という
光る部分が10%にも満たない細い月があって
その左側には−1.8等で明るく光る木星が見えます。
さらにその上には1.8等の赤い火星があり、これら3つの天体が
4度という狭い範囲に集まります。今度はその右上方向へ視線を移しましょう。
−4.5等という強烈な明るさで光り輝く金星が見つかります。
よく見ると金星の左上方向には、しし座の1等星レグルスもあります。
 
2015年 10月19日 / 火星による恒星(4.6等星)食
 
2015年 10月末〜11月初 / 明け方に 金星・火星・木星 の接近
10月下旬から11月上旬にかけて、明け方 東の低空で
金星・火星・木星 が集合する珍しい会合が起こります。 
特に注目は、10月26日 金星と木星の最接近(離角 約1.0度)
11月4日 金星と火星の最接近(離角 約43分角)です。 
また11月7日には新月前の細い月も加わり、見事な光景となることでしょう。 
 
2015年 11月26日 / アルデバラン食(日中)
 
2015年 12月14〜15日 / ふたご座流星群極大
12月15日(火)午前3時ごろにピークを迎えるふたご座流星群は
月明かりの影響もなく14日の日没から15日の夜明けにかけて
一晩中多くの流星を見ることができそうです。

皆既月食

2015年最大のイベントは、4月4日の皆既月食です。
晴れていれば、道具不要で外に出るだけでみられる現象なので
ぜひ忘れないようにしてください。
また、年末の「ふたご座流星群」も一晩中楽しめます。
もちろん、特別な現象がなくても、晴れていれば
みなさんの頭の上には星空が広がっています。

皆既月食(4月4日)
2014年10月に続き、4月4日にも皆既月食が起こります。
この日は土曜日で、比較的夜の早い時間帯に見られ、
月の高度もほどよく、観察しやすい月食です。
月が欠け始める(部分食が始まる)のは夜7時15分ごろ、
欠け終わりは夜10時45分ごろで、全体としては3時間半ほどの現象です。
そのうち、月全体が地球の影に入る皆既状態は
夜9時前後の10分ほどしかありません。見逃さないようにしましょう。
とくに、写真撮影などを検討している場合には、夜9時ごろの
月の方位や高さなどを事前に確かめておきましょう。

昨年10月の皆既月食と比べると皆既食の時間は短いですが
欠け始めから終わりまで全て見られる条件の良い月食です。
<月の出17:52、部分月食始まり19:15、
皆既月食20:54〜21:06、部分月食終わり22:45>

※ 2015年は日食が2回ありますが、いずれも日本では見られません。
※ 月食も2回あり、その内4月4日の皆既食は始めから終わりまで見られます。 


●夕空に水星と金星
2014年の年末ごろから、夕方の西の空に
宵の明星の金星が目立つようになってきました。
高度はそれほど高くありませんが、マイナス4等と明るいのでよく目立ちます。
この金星の近くに、水星も見えています。
水星も比較的明るい惑星ですが、太陽からあまり離れないため
空が暗くなりきらないうちに沈んでしまい、なかなか目にする機会がありません。
今月は太陽から離れていることに加えて金星というわかりやすい目印があるので、
水星を見つける大チャンスです。日没後しばらくしたら、
まず金星を見つけ、次に水星も探してみましょう。
双眼鏡があると見つけやすくなります。

1月は水星と金星のほか、宵に火星、夜の間に木星、
そして明け方に土星と、肉眼で見やすい惑星を一晩のうちに
すべて見ることができます。
意欲のある方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。 

11

 
pin42015年【1月】星空情報
 
今月は夕空で水星と金星が大接近。2つとも見つけてみましょう。

水星は、20日ごろまで夕方の西南西の空に見えます。
高度は低いものの、宵の明星の金星が目印となるおかげで
見つけやすくなっています。金星の近くを探してみてください。

金星は、夕方の西南西の空に見えています。
明るさはマイナス4等級で、一番星、宵の明星として
明るく輝いているのが目に付きます。
やや低いので、見晴らしの良いところで眺めてみましょう。
22日に月齢2の細い月と並びます。肉眼や双眼鏡で眺めたり
地上風景と共に写真に収めたりしてみましょう。

04_g-top3
 
火星は「やぎ座」から「みずがめ座」を動いています。
夕方6時ごろに南西の空のやや低いところに見え
夜8時ごろに沈みます。明るさは約1等級で
金星のずっと上のほう、やや左(南)よりに見えます。
23日に月齢3の細い月と接近します。

木星は「しし座」を動いています。夜9時ごろに東の空に見え
未明の2時前ごろに南の空の高いところに見えます。
明るさはマイナス2.5等級です。木星の西には
冬の明るい星々が多く輝いていますが
それらよりも圧倒的に明るく、ひときわ目立ちます。
8日の宵から深夜にかけて月と並びます。

土星は「てんびん座」と「さそり座」の境界あたりにあります。
3時ごろ昇ってきて、5時ごろに南東の空のやや低いところに見えます。
明るさは0.4等級です。早起きすることがあれば
華やかな西の空だけでなく東の空にも目を向け
土星やその下にある「さそり座」のアンタレスも眺めてみましょう。
高度が低いため、天体望遠鏡での観察には適していません。
17日の明け方、月齢26の細い月と接近します。 

sky-m
 
1日(木)  初日の出
2日(金) 夕方〜翌3日明け方、月とアルデバランが大接近
4日(日) 地球が近日点通過 / 午前11時頃、未明、しぶんぎ座流星群が極大
              (極大が昼間である上に、ほぼ一晩中月明かりの影響があるため大出現は期待できない)
5日(月) 満月。次の満月は2月4日です
6日(火) 小寒(太陽黄経285度)
8日(木)    宵、月と木星が並ぶ
          宵〜翌9日明け方、月とレグルスが並ぶ
11日(日) このころ、夕方に西の空で水星と金星が大接近
13日(火) 下弦(夜半に東の空から昇り、明け方に南の空に見える)
14日(水) 未明〜明け方、月とスピカが接近
15日(木) 水星が東方最大離角(夕方、南西の空に金星と並んで見えます)
17日(土) 明け方、細い月と土星が接近  土用(太陽黄経297度)
20日(火) 新月 / 大寒(太陽黄経300度) 火星と海王星が大接近
21日(水) 水星が留
22日(木) 夕方、細い月と金星が並ぶ   水星と火星も近い
23日(金) 夕方〜宵、細い月と火星が接近
25日(日) 北日本で天王星食
27日(火) 上弦(日没ごろに南の空に見え、夜半ごろ西の空に沈む)
29日(木) 夕方〜翌30日未明、月とアルデバランが大接近
30日(金) 水星が内合

2015年1月 ガリレオ衛星の相互食 


しぶんぎ座流星群
今年のしぶんぎ座流星群の極大は、1月4日午前11時頃と予想されています。
3日深夜から4日未明にかけて流星が出現すると思われますが
極大が昼間にあたるため大出現は期待できないでしょう。 
また、満月前の明るい月がほぼ一晩中見えているため
月明かりの影響も大きく受けることになります。

4
 
注:流星群の名前に使われている「しぶんぎ座」は
現在では存在しない「壁面四分儀(へきめんしぶんぎ)座」
という星座に由来しています。

夕方の空で水星と金星が接近
細い月と金星、火星の共演。
1月22日の夕方、西南西の空で月齢2の細い月と金星が並ぶ光景を楽しめます。
肉眼でもわかりますが、双眼鏡があるとさらに美しい眺めとなるでしょう。
月の暗い側がほんのりと見える地球照も楽しんでみてください。
また、美しい夕景を写真に収めてみるのもお勧めです。
月は翌23日になると少し太くなり、金星を離れて火星と接近します。
お勤めや学校の帰りに、夕べの散歩や夕飯のしたくの合間などに
少しの時間だけでも手や足を止めて、きれいな夕景を眺めてみましょう。

水星と金星が接近
 
夕方の西の低空には宵の明星・金星が輝いています。
金星はマイナス3.9等ととても明るく、高度が低くてもよく目立ちます。 
また、太陽系の惑星の中でも最も太陽に近い水星が、15日に東方最大離角となります。
このころの水星の高度は日の入り30分後で10度ほどしかありませんが
金星がすぐ近くに見えているため、金星を目印に水星を探すことができます。
金星と水星が最も近づいて見えるのは、1月11日です。
金星と水星の位置関係が日々変わっていくようすを観察してみてください。 
また、金星の左上には火星も見えています。
細い月が22日には金星、23日には火星に近づき、美しい眺めとなるでしょう。

22

 23

木星と月が接近
2月7日に衝となる木星が、観望の好機を迎えつつあります。 
木星は日の入り後、少し時間がたってから東の空から昇り
真夜中過ぎに南中し、日の出前には西の空に見えます。 
木星の近くにはしし座の1等星レグルスが見えています。
マイナス2等台の木星に比べ、レグルスは1.3等なので
明るさにはかなりの違いがあることがわかります。
 
1月7日と8日には、満月を過ぎたばかりの明るい月が木星のすぐ近くに見えます。
月明かりに負けずに堂々と輝く木星を、ぜひ、観察してみてください。

7木星と月

参考サイト

国立天文台 | ほしぞら情報
http://www.nao.ac.jp/astro/sky/
Nikon | 星空案内 |  
AstroArts : 星空ガイド
星空ガイド 
つるちゃんのプラネタリウム
kenko-tokina 天文イベントをチェック!
天文現象 - 大崎生涯学習センター
星空情報

◎用語解説
極大(きょくだい)・・・条件が最もいいときのこと
(く)・・・地球から見て太陽と90°離れた状態
視直径(しちょっけい)・・・地上から見た星までの角度
(しょう)・・・地球に一番近い状態
星食(せいしょく)・・・星や惑星が月に隠れる現象
等級(とうきゅう)・・・星の明るさの単位。数字が小さいほど明るい
°(ど) ′(ふん) ″(びょう)・・・角度の単位
離角(りかく)・・・太陽から離れている角度 
 
moonl_s

0387e8e6-s


pin4 2015年1月の月暦 ☾* 

   満月 *   5日 13:53
  下弦 * 13日 18:46
  新月 * 22日 22:14
  上弦 * 27日 13:48

png  1366×653

0_0_0_0_0_0_0_0_0_0_0_0_icon_moonsilver月の暦 (2015年)

 新月         上弦          満月         下弦

                              1月 5日   1月13日
 1月20日   1月27日   2月 4日   2月12日
 2月19日   2月26日   3月 6日   3月14日
 3月20日   3月27日   4月 4日   4月12日
 4月19日   4月26日   5月 4日   5月11日
 5月18日   5月26日   6月 3日   6月10日
 6月16日   6月24日   7月 2日   7月  9日
 7月16日   7月24日   7月31日  8月  7日
 8月14日   8月23日   8月30日  9月  5日
 9月13日   9月21日   9月28日  10月5日
              ( 9月27日 中秋の名月 )
10月13日  10月21日  10月27日  11月3日
11月12日  11月19日  11月26日  12月3日
12月11日  12月19日  12月25日

# 最遠の満月 3月 6日 03h05m 地心距離 40.6万km
# 最近の満月 9月28日 11h50m 地心距離 35.7万km スーパームーン
# 前夜の 中秋の名月 もかなり近い(地心距離 35.8万km) 
 
070221_003986_1
  

当ブログにお越しの皆様には心より感謝しております。

これからもBlog&Facebookなど、マイペースで更新していくつもりです。

2015年も どうぞよろしくお願い致します。



【新品】【書籍・コミック 医学・科学・技術】星空案内人になろう! 夜空が教室。やさしい天文学入門

星空案内人になろう!
夜空が教室。やさしい天文学入門
 

星空ごよみ365日 2015
星空ごよみ365日 2015

アストロガイド 星空年鑑 2015
アストロガイド 星空年鑑 2015

【新品】【書籍・コミック エンターテイメント】星空ガイド スターウオッチングを楽しもう 2015
星空ガイド スターウオッチングを楽しもう 2015

【後払いOK】【1000円以上送料無料】星空さんぽ ガールズ・スター・ウォッチング・ガイド no.3(2014−2015autumn/winter)
星空さんぽ
ガールズ・スター・ウォッチング・ガイド


星空散歩 カレンダー 2015
星空散歩 カレンダー 2015

写真工房 2015年版カレンダー 壁掛け 星空の夜に [D-1]【c15】【在庫あり】
写真工房 2015年版カレンダー
壁掛け 星空の夜に

太陽・月・星のこよみ 2015年版
太陽・月・星のこよみ 2015年版

星の王子さまの天文ダイアリー/縣秀彦【後払いOK】【2500円以上送料無料】
星の王子さまの天文ダイアリー/縣秀彦

 
 
blogram投票ボタン 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 くる天 人気ブログランキング


月時館 Tsukijikan* 
† 月の神秘と魅力に惹かれ月と戯むる †


Facebookページ


ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss



 
Posted by sara1116 at 16:30│Comments(0)clip!月の暦